誰かから郵便物を送ってもらう際、自宅ではなく郵便局に送ってもらいたいと思うことがありますね。
たとえば急ぎで荷物を受け取りたいものの、自宅で待機することはできない場合。
郵便局に荷物を留めておいてもらえば、都合の良いタイミングで受け取りにいくことができます。

この記事では「郵便局留め」の概要と、送り方・受け取り方をお伝えします。

郵便局留め(局留め)とは

郵便局留め(局留め)とは、受け取りたい郵便局の窓口で郵便物等を受け取ることができるサービスのこと。
自分の都合に合わせて荷物を受け取りたい場合や、住所を知らせずに郵便物を送ってもらいたい場合に有効です。

ほとんどの種類の郵便で局留めが利用できます。
(ただしチルド・冷凍ゆうパックなど、利用できる局が限られるものもあるので注意。)
局留めに手数料はかかりません。

局留めの送り方

局留めの送り方は、送付先住所の部分に郵便局名を記入するだけです。
下図は、当事務所宛てに、吉田郵便局留めでレターパックを送る場合の書き方です。

郵便局留めでレターパックを送る場合の書き方(例)

送り先の郵便番号は、郵便局の郵便番号となります。
宛て先部分には、郵便局名を記入します。
受取人名は受け取りの際の本人確認に使用されるため、正確に書く必要があります。

空いているところに相手の住所(この場合は当事務所の住所)をカッコ書きで記しておけば、さらに確実な本人確認が可能です。
(書かなくても利用は可能。)

なお郵便物を出す(投函する)際、局留めであることを伝えたりする必要はありません。

受取人には、郵便物を送ったことと、追跡番号があれば追跡番号連絡しておきましょう。
そうしないと、相手は郵便物が届くことに気付かず、受け取りに行くこともできません。

局留めの受け取り方

局留めの郵便物を受け取る際は、指定された郵便局に行き、名前と局留めの荷物を受け取りたい旨を伝えます。
追跡番号がわかっていれば、それを伝えると早いです。

受け取りの際には、本人確認書類(免許証など)が必要です。
忘れずに持参しましょう。

なお郵便物の保管期間は、到着の翌日から起算して10日間です。
期間内に受け取らないと、差出人の元に返送されます。

まとめ

局留めは簡単に利用でき、手数料もかかりません。
とくに対面の受け取りが必要なものの場合、受取人は配達を待つ必要がないので、より早く、確実に受け取ることができ便利です。