一般的に遺言を残す方法には以下の3つがあります。

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言

この記事では、それぞれの方式の特徴、メリット・デメリットをお伝えします。

自筆証書遺言

遺言書を自分で書いて作成する方式です。

作成方法

遺言者が、「全文」「日付」「氏名」をすべて自書して「押印」します。
2019年1月13日より、財産目録については手書きでなくても良いということになりました。

メリット・デメリット

メリットは手軽さです。
費用はかからず証人も不要となっています。

デメリットは、紛失、偽造・変造や隠匿・破棄のリスクがあることです。
また、亡くなった後に遺言を執行する際、家庭裁判所での検認手続きが必要になるため、受遺者に負担がかかってしまいます。

公正証書遺言

公証人と証人2名の立ち会いのもとに公証役場で作成される方式です。

作成方法

証人2名の立ち会いのもと、公証人が読み上げる遺言書の内容を遺言者が確認し、内容に間違いがなければ遺言者、公証人、証人がそれぞれ署名・押印します。

メリット・デメリット

メリットは、遺言の内容がほぼ確実に実現される可能性が高いことです。
また、家庭裁判所での検認手続きが不要なため、速やかに遺言執行に取りかかることができます。

デメリットは、作成に手間・手数料がかかること。
公証役場での手数料は3~4万円です。
また、遺言の内容を公証人と証人に知られることに抵抗感がある方もいます。

秘密証書遺言

公正証書遺言と同じく、公証人と証人2名の立ち会いのもと作成されますが、遺言の存在のみを確認し、内容の秘密が保てる方式です。
現実的にはほとんど用いられていません。

作成方法

遺言者はあらかじめ遺言書を作成し、それを封筒に入れ、遺言書に用いた印章で封印します。
公証役場でその封書を提出し、公証人と証人2名の前でそれが自分の遺言書である旨と住所・氏名を伝えます。
公証人が封紙に遺言者の申述を記載した後、公証人、証人2名、遺言者が署名・押印します。

メリット・デメリット

メリットは、遺言の内容を知られることなく、遺言の存在自体は証明してもらえることです。
また、公証役場の手数料は1万円ほどで、公正証書遺言よりも安価です。

デメリットは、手間・手数料がかかること、公正証書遺言と違い、家庭裁判所への検認手続きが必要なことです。
また、遺言書の内容を確認されないため、内容が有効なものであるかはわかりません。

まとめ

ほとんどの方は、自筆証書遺言か公正証書遺言のいずれかを選択しています。
確実に遺言が実現されることや、受遺者の負担が小さいことなどから、公正証書遺言がもっとも理想的と言えるでしょう。

遺言についてご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。