ヤマト運輸で荷物を送ってもらう際、自宅ではなく配送センターに送ってもらいたいと思うことがありますね。
たとえば急ぎで荷物を受け取りたいものの、自宅で待機することはできない場合。
配送センターに荷物を留めておいてもらえば、都合の良いタイミングで受け取りにいくことができます。

この記事では宅急便センター受け取りサービス(センター留め)概要と、送り方・受け取り方をお伝えします。

宅急便センター受け取りサービス(センター留め)とは

宅急便センター受け取りサービスとは、受け取りたい配送センターの窓口で荷物を受け取ることができるサービスのこと。
自分の都合に合わせて荷物を受け取りたい場合や、住所を知らせずに荷物を送ってもらいたい場合に有効です。

このサービスが使えるのは、ヤマト運輸の以下の送付方法です。

  • 宅急便
  • 宅急便コンパクト
  • クール宅急便
  • パソコン宅急便
  • 宅急便タイムサービス

センター留めの送り方

センター留めの送り方は、宛て先欄にセンターの情報を記入し、所定の欄にチェックを入れるだけです。
下図は、当事務所宛てに、吉田住吉センター留めで荷物を送る場合の書き方です。

センター留めで荷物を送る場合の書き方(例)

送り先の郵便番号は、センターの郵便番号となります。
電話番号は、受取人の電話番号です。
住所欄には上から、宅急便センターコード、センター名、センター所在地(市区町村まで)を記入します。
受取人名は受け取りの際の本人確認に使用されるため、正確に書く必要があります。

>>ヤマト運輸 直営店・取扱店検索

さらに、送り状右側にある「宅急便センター受け取りサービス」の欄にチェックを入れます。
(時間指定がある場合にはそちらもチェック)

送付後は、受取人に送り状番号を連絡しておきましょう。

センター留めの受け取り方

センター留めの郵便物を受け取る際は、指定されたセンターに行き、センター留めの荷物を受け取りたい旨と氏名を伝えます。
(送り状番号がわかっていれば、あらかじめ「荷物お問い合わせシステム」で到着を確認してから行くと確実です。)

受け取りの際には、本人確認書類(免許証など)と印鑑が必要とされています。
(実際には普通の荷物であれば、確認書類の提示を求められることはありません。)

なお荷物の保管期間は、到着日を含めて7日間です。(常温の場合)
期間内に受け取らないと、差出人の元に返送されます。

まとめ

センター留めは簡単に利用でき、手数料もかかりません。
とくに対面の受け取りが必要なものの場合、受取人は配達を待つ必要がないので、より早く、確実に受け取ることができ便利です。